時間を有効活用!夜行バスで眠れる方法とは

アイマスクを用意しよう

夜行バスは寝て移動するのが一般的で、車内も暗くなっており、カーテンも閉められていて私語も厳禁となっています。もちろんスマートフォンの光も厳禁です。そのため、この環境の中で寝ることができないと非常に苦痛です。できるだけ寝ることができるようにアイマスクを持っていくことがお勧めです。アイマスクはとても安価で手に入れやすいため、誰にでもお勧めすることができます。百円でも買えるので、バスに乗る前に気軽に購入して持っていくことができます。また、高級なアイマスクもあるため、使ってみたいという方や、安いアイマスクでは眠れないという方はそちらを利用してみるといいかもしれません。同じように安く買える耳栓ももっていくといいです。

ノイズキャンセリングヘッドホンもおすすめ

夜行バスの車内はほとんど全員が寝静まっているので静かです。しかし、静かだといってもバスのエンジン音や道路の段差を通る際の音などはどうしても聞こえてしまいます。中には耳栓だけでは防げない雑音もあるため、なかなか眠れないという方も一定数います。そういったときには、ノイズキャンセリングヘッドホンを使用することをお勧めします。これは耳栓よりも圧倒的に雑音をカットする能力があります。ただし値段が高いということが難点です。3万円程度かかるということは覚悟しなくてはなりません。ですが、値段に見合った効果を発揮してくれます。また、ノイズキャンセリングだけではなく、音楽を聴いたりスマートフォンに接続したりすることもできるので、普段使いにもいいです。

© Copyright Booking Now. All Rights Reserved.